検査科

 臨床検査科は、検査技師6名(男性2名、女性4名)で検査を行っています。

10番の中央採血室、その奥には、検体検査部門、隣には、9番窓口の生理検査部門があります。
また、皆さんがほとんど立ち寄らない病理検査部門が一番奥にあります。

中央採血室

各科の外来患者さまの診察前や診察後に採血を行います。
月の初めや週の初めには、大変込み合い、皆様にご迷惑をおかけしています。
検査科の目標は、「患者間違いをなくす・患者の応対に配慮する」です。
いつも目標を心がけ、患者さまがスム-ズに移動して頂けるよう努めています。

検体検査部門

一般的に、血液・尿・便などを検査しています。
院内には各々の検査を行う分析装置があり、採血後30分程で結果を報告できるように努めています。
また、輸血検査もこの検査部門で行っています。血液型検査や血清中の抗体検査など、輸血に関する検査です。

  

生理検査部門

からだのさまざまな生理的反応や機能を測定する検査が生理検査です。体から採取した血液や尿などの材料を検査する検体検査と違い、患者さんひとり一人と直接かかわり検査を行います。

ここで行っている検査は、安静時心電図検査、負荷心電図検査、ホルター心電図検査、呼吸機能検査、心臓超音波検査、血圧脈波検査、24時間自由行動下血圧測定、神経伝導速度検査、耳鼻科聴力検査、簡易睡眠ポリグラフ検査、重心動揺検査、無散瞳眼底検査、認知機能検査などです。

  

病理検査部門

内視鏡や手術で採った組織をホルマリンなどで処理し、さらに工程を経て薄く(μm単位)切り、特殊な色素で染色した標本を作製します。結果報告に少し日数がかかりますのでよろしくお願いします。

 

以上が臨床検査室で毎日行っている業務です

また、朝は、健診を受けられる方の検査と重なることもあり、ご迷惑をおかけしています。

私たちは、当院の品質方針「待たせない・嫌な顔をしない・間違いのない」を心がけて業務にあたっています。患者様の笑顔が一番であり、私たちとって嬉しいことです。これからも坂下病院に来て良かったと言っていただけるよう、医師、看護師、医療スタッフと共にチ-ム医療・地域医療に関わっていきたいと思います。

これからも気軽にお声がけくださいますようよろしくお願いいたします。

このページの先頭へ