放射線技術科

放射線技術科では、診療放射線技師7名、看護師2名、事務1名という職員構成です。現在、夜間・休祭日の時間外は待機制により、対応をしております。

業務は、人間ドック、各種画像検査及びそれらの機器を用いた医師による治療のアシスト、さらに内視鏡の管理及び検査時などのアシストを担当しています。

平成26年3月よりCTC(CTコロノグラフィー)検査ができるようになりました。

一般撮影

胸部、腹部、骨などのX線(レントゲン)撮影のこと。当院ではCRシステムを使用しています。CRとは、Computed Radiopraphyの略で、X線で撮った身体の透過情報をフィルムに代わってイメージングプレートに記録し、レーザー光線を当てて、読み取りデジタルデータとして保管し、このデータをもとにコンピュータで適正条件に処理されたX線画像を作るものです。

マンモグラフィ

乳房専用のX線撮影のこと。乳房を圧迫して撮影し、腫瘤によるしこりの形、乳腺の乱れ、石灰化などを見つけます。超音波検査とともに乳癌の早期発見に貢献しています。また、乳癌検診認定資格を取得した女性技師が撮影を担当しています。

超音波検査

体表にゼリーを塗り、プローブという超音波送受信装置を体に当てながら、断層画像を得る検査。心臓以外の部位(腹部、乳腺、甲状腺、頚動脈など)を当放射線科技術科が担当しています

CT検査

CT(Computed Tomography)検査はX線を体の周囲から回転照射し、その透過データを回転軸の反対側の検出器により読み取り、コンピュータ処理により断層画像を得ます。3D画像を作ったりします。平成22年度より64列のマルチスライスCTを導入しました。撮影時間の短縮と被ばく量の低減、そして以前のCTでは難しかった心臓血管3D、脳血管3D撮影等も可能となります。

平成26年3月よりCTC(CTコロノグラフィー)検査ができるようになりました。

MRI検査

MRI(Magnetic Resonance Image)検査は強力な磁場の中に体を入れ、外から電波を照射します。すると体内の水素元素が共鳴し、その水素原子から放出された微弱な電波を受信し、コンピュータ処理することにより断層画像を得る検査。脊髄、軟部組織の描出に優れる。MRAは、Magnetic Resonance Angiographyの略称で、血管を3D画像にて観察するMRI検査です。
当院MRI装置(Vantage TITAN 1.5T)の特徴は、開口部が広い(直径71cm)ので体の大きな方や閉所恐怖症で今まで検査ができなかた患者さんでもストレス無く検査を受けることが可能です。磁場強度は1.5テスラ、密着性の高いコイルを利用しています。また、患者さんが動いても画像のブレを補正する技術等により診断・治療に貢献できる画像を提供しています。

X線透視検査

X腺テレビ装置を用いて、食道・胃・大腸などをバリウムなどの造影剤を使用して検査を行います。X腺テレビ装置は体内にペースメーカーや栄養チューブ、抗がん剤注入カテーテルを留置したり、血管造影検査などにも使われています。

骨密度測定検査

腰椎・股関節・全身骨などの骨密度をX線・超音波などを用いて測定する検査です。骨粗鬆(しょう)症などの診断・経過観察に使われます。

内視鏡検査

体に挿入する管の先端のビデオカメラにより、胃・大腸・気管支などを観察する検査。ポリープや、早期ガンの切除など行われています。

 

これらの業務を遂行するために、各種学会、研究会に参加するとともに、それらの認定資格を取得し、当科職員のレベルアップを図っています。また坂下病院の基本理念に基づき、医師・看護師・他の医療スタッフとコミュニケーションを取りながら、チーム医療を実践しております。

各種学会等の認定

  • 胃がん健診専門技師 3名
  • 検診マンモグラフィー撮影認定放射線技師 3名
  • 超音波検査士 2名
  • MR専門技術者 1名
  • 消化器内視鏡技師 1名
  • 放射線管理士 1名
  • 放射線機器管理士 1名
  • 放射線情報管理士 2名
  • 臨床実習指導教員 1名

このページの先頭へ